忍者ブログ
社稷を思う心
[43] [42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中学校授業で残酷ビデオ 男性教諭、「南京事件」と説明 
http://www.sankei.co.jp/shakai/wadai/070628/wdi070628005.htm

引用開始
昭和12年に旧日本軍が南京を攻略した際、大虐殺があったと主張されながら、信憑(しんぴょう)性が疑われている「南京事件」をテーマにしたとみられるビデオを、島根県隠岐の島町の中学校が、平成17年に道徳の時間に見せていたことが28日、分かった。同町教委は「事実関係を確認したい」としている。この中学校では12年にも社会科の授業で同様のビデオを使い問題になっていた。
 複数の生徒の証言によると、17年7月ごろ、当時の2年生1クラスの約30人が「道徳」の時間に男性教諭から見せられた。ビデオは白黒で、殺戮(さつりく)シーンがほとんど。男性教諭から「南京大虐殺」と説明され、「給食を食べる気をなくした」、「残酷なシーンが多く、気分が悪くなった」という。
 当時の校長は「把握していない」と話し、県教委の秦潔・教育監は「副教材として使用するなら校長への報告は必要」としたうえで、「史実や被害者数などいろいろな意見があり、子供たちに見せるのが適切だったのか疑問」としている。 
 現在は別の中学校に赴任している男性教諭は「生徒たちの勘違いで、別の米国の戦争映画を見せた」と否定している。 
 一方、12年には別の女性教諭が社会の授業で南京事件のビデオを生徒たちに見せた後、感想文を書かせていた。「たくさんの人たちを平気で次々と殺す日本の人たちはすごくひどいと思いました」などと生徒たちは書いており、女性教諭名の検印も押されている。 
 歴史問題に詳しい八木秀次・高崎経済大教授は「南京事件のビデオは中国やインターネットなどで販売されているが、どれも捏造(ねつぞう)ばかり。子供たちに誤った歴史を一方的に押しつけ、悪影響を与える」と話している。
引用終了



  お子さんに尋ねてみるといいですよ。田舎だから話題になって、心ある人が教委に通報し、産経に教えたのだろう。日教組はあらゆる場面で暗躍してますよ。生徒会、社会科、音楽、国語などはやりやすいね。特に社会はひどいね、創価大学出身の教師が天皇を「天ちゃん」と呼称して平気でしたし、ビデオや写真見せて恐怖心を与えて扇情的に自虐史観を洗脳する。普通にやってますよ。それを仕事でやってる教師いっぱいいる。平和省プロッジェクトを政治活動と見抜けない教育委員会など騙すのは朝めし前でしょう。具体例をさらし挙げて監視の目を強化すべきです。産経に通報すれば報道してくれるはず。

 「副教材として使用するなら校長への報告は必要」とする県教委は建前論であって実態はやっていない。指導案も未提出なのに、そんなもの出すわけが無い。また出されても日教組出身で自分も脳内自虐の校長に判断できる能力など無いに等しい。教育委員会も息をするように嘘を吐いています。




人気blogランキングへ

PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
極秘洗脳法
始めまして、この度、極秘洗脳法というサイトを作りましたのでトラックバックさせていただきました。女性とエッチがシタいと思っている人には有益な情報だと思いますのでよろしくお願いします。
WEBLINK[URL] 【2007/06/30 18:50】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新CM
[01/17 Michalrerb]
[01/17 ViktorianAtogs]
[01/10 痴女]
[09/10 鳩ヶ谷]
[09/10 鳩ヶ谷]
プロフィール
HN:
けんぶつ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析