忍者ブログ
社稷を思う心
[85] [84] [83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【やばいぞ日本】序章 没落が始まった(5) 


ASTRO-E の打ち上げを待つ M-V 4号機(2000年2月)


 >1960年代の中国には「両弾一星」という目標があった。原子爆弾と水素爆弾が「両弾」。人工衛星が「一星」なのだ。今の中国は月面基地建設を大目標に掲げて活気づいている。国内の人材育成と世界からの才能獲得に余念がない。胡錦濤国家主席をはじめ、理系出身者で固められた中国指導部の影響力は大きい。 
  一方の日本は、停滞気味である。新たな「GX」ロケットの開発難航もその一例だ。すでに大幅な遅れを生じている。

 >ISASが開発した世界最大の固体燃料ロケット「M5」も統合によって捨てられた。「研究者の内発性の炎が消えつつある」。そうした危惧(きぐ)の声が聞こえてくる。





  これは明確に大陸間弾道ミサイル。軍事技術として転用できる。平和利用研究ばかりで、軍事技術としての相互に高めあう体制が日本に無いのだから開発が遅れるのは仕方が無い。支那は原爆・水爆・ロケットの一体的な開発を戦略技術として取り組んできた経過がある。ロケット技術はミサイル技術であるのだから当然の事だ。
  戦略国家でない日本にそのような気概を求めるのは無理である。アメリカの核ミサイル技術に守られ、非核三原則という誤魔化しと憲法文言墨守主義によって自らの足で立つ準備をしてこなかったつけがここにある。   
  支那は人工衛星攻撃を視野に入れた研究にも余念は無い。情報戦の要は衛星なのだから当然である。宇宙からは宇宙人ではなくミサイルが降ってくる。人工衛星が情報収集し、暗殺さえ可能になりつつある。本来は防衛省が行うべきミサイル技術開発や衛星開発に政治は根拠を与えなければならないのではなかろうか。さもなくば、宇宙からの自国防衛もままならなくなる。






せと弘幸演説「ワーキングプアを無くそう!」 


せと弘幸演説集 


人気blogランキングへ












PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:
原爆投下は仕方がないと思えるのは何故だろうと考えてみる。
 どーも こんばんわ みなさんお元気ですか?。わたしはなんとか生きています。 ひさしぶりに時事ネタです。 久間防衛大臣が「原爆投下は仕方がない」と失言したことについてです。 元々、この方、失言が何回も取り沙汰されており、自業自得の観があります。
WEBLINK[URL] 【2007/07/08 10:15】
中国、新指導部の悩み
●共産党大会で選ばれた9人の最高幹部の前途は多難 第17回中国共産党大会――。長い演説と数多くの会議が7日間にわたって続いた末に、ついにその時が来た。 10月22日正午少し前、報道陣のフラッシュの中に9人の共産党官僚が現れ、中国の最高指導部に上り詰めたことを世界に向けて発表したのである。その名は「中央政治局常務委員会」。世界最大の国家、中国の最高政策決定機関だ。 お馴染みの顔ぶれもある。9人の常務委員のうち5人は再選組だ。胡錦濤総書記(64)は引き続き5年の任期を務め、呉邦国...
WEBLINK[URL] 【2007/11/05 18:28】


忍者ブログ [PR]
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[01/17 Michalrerb]
[01/17 ViktorianAtogs]
[01/10 痴女]
[09/10 鳩ヶ谷]
[09/10 鳩ヶ谷]
プロフィール
HN:
けんぶつ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析