忍者ブログ
社稷を思う心
[83] [82] [81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

F22対日輸出で米議会報告 「技術漏洩は脅威」 



引用開始
米議会調査局は5日までに、航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)の有力候補である、最新鋭ステルス戦闘機F22Aラプターの日本への輸出に関する報告をまとめた。それによると、輸出が実現すれば同盟国の防衛に貢献し、相互運用を促進する半面、技術拡散や地域の安全保障を不安定にする可能性もあるとしている。 
 F22の輸出は米国法で禁じられており、輸出するためには、上下両院が「オビー条項」と呼ばれる輸出禁止条項を撤廃することが必要となる。日本政府は来年夏までのFX選定にあたり、米政府に性能に関する情報提供を求めている。 
 報告では、日本にF22を輸出する利点として、日米両国が最先端の機器を共有することになり、「相互運用を高める」と強調した。米軍はF22の当初計画よりも約200機少なく配備するが、日本が購入すればその分を補完することになるとも指摘した。
 さらに近く米空軍のF22調達が完了するのに伴い閉鎖される予定だった組み立てラインが日本への輸出が決まれば存続されるため、米国内の工場で働く従業員の雇用維持につながるとしている。 
 一方で集団的自衛権の行使を禁じている現行の日本政府の憲法解釈のもとでは、「運用や訓練などでの自衛隊の参加に限界がある」と記した。言語や日米それぞれの軍の考え方の違いなども課題になるとしている。
 また、日本は他の国と比べ、米国から入手した技術の再輸出などを行ったことはないとしたものの、「不注意による技術や知識の漏洩(ろうえい)は脅威である」と指摘。具体例として、海上自衛隊のイージス艦の中枢情報にからむ情報漏洩事件を挙げた。
 さらに、中国や韓国は日本が最新鋭のF22を取得することに懸念を表明しており、「地域を不安定にする」と警鐘を鳴らす専門家もいるとした。 
 F22の輸出が実現しない場合の代替機として、米英などが共同開発中のF35や米海軍機のF18のほか、無人攻撃機を挙げた。 
引用終了



   

   戦闘機一つ自前で作れないのか?作ろうという意志がないのか?技術が無いのか?
  肝心の部分は自前の軍備が無くて自国防衛ができるわけがない。
  自前の能力でF22に匹敵する戦闘機を作れる国に是非したい。  

  情報の漏洩は論外。軍法会議設置必須です。情報に対する警戒感が薄すぎです。防衛白書でイージス艦中枢情報持ち出し事件やファイル交換ソフトを通じた情報流出の多発を受け、秘密保全に関する記述を昨年の半ページから2ページ半に増やした。いくら反省しても実質的に法的な圧力がなければまた繰り返す。というか意図してやるものも出てくる。軍人による軍事情報漏洩は軍法会議が必要。公務員の守秘義務程度では甘すぎです。アメリカに言われなくとも情報戦に備えよ。









せと弘幸演説「ワーキングプアを無くそう!」 


せと弘幸演説集 


人気blogランキングへ

PR

コメント
無題
けんぶつ様 いつも御活躍 有難うございます

生長の家の谷口尊師は
天皇陛下を敬え
英霊の方々の恩を忘れるな
先祖 親 兄弟に 感謝せよ
日本国家を大切にし 世界の模範となれ
隣人 万民 を 愛せよ
私は一求道者で 天の声を伝えるラッパである
と 説かれていたと 思います
中々 隣人を愛することが出来ない
生臭信者の自分です
【2007/07/07 06:08】 NAME[MASA] WEBLINK[] EDIT[]
無題
はい、存じ上げております。
【2007/07/07 10:26】 NAME[けんぶつ] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[01/17 Michalrerb]
[01/17 ViktorianAtogs]
[01/10 痴女]
[09/10 鳩ヶ谷]
[09/10 鳩ヶ谷]
プロフィール
HN:
けんぶつ
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析